ブログ

造形作品:マレーバクの教育的指導

粘土作品:マレーバクの教育的指導

引き続き、「Baby Tapir (prototype)」ですが、Babyとか言いながら、だいぶ前に作った大人のマレーバクも登場します。

上の写真のタイトルは「教育的指導」。
子供、めちゃめちゃ怒られてます。

子マレーバクのあまりの叱られっぷりに、思わず「教育的指導」というタイトルを付けてしまいましたが、本当のマレーバクの親子はとっても仲良しこよし。今回、子マレーバクを作るにあたりネットで検索して色々な写真を見ましたが、お母さんバクに甘える赤ちゃんバクの写真が大変に微笑ましく、心がなごみました。

赤ちゃんバクは本当にお母さんバクが大好きで、お母さんバクの赤ちゃんバクを見つめる目はこの上なく慈愛に満ちています。
私の作ったお母さんはだいぶ顔が怖いんですけど、実際はとても優しい顔をしています。

ちなみに、今回は大人と同じツートンカラーで着色しましたが、もっと赤ちゃんの子マレーバクは、体がイノシシの赤ちゃんに見られる所謂「ウリ坊」模様で、顔と足は草間彌生チックな水玉模様。

可愛いんですけど、ちょっと怖いです。
コワカワイイ?そんな感じです。

第二弾は、このウリ坊模様と水玉にチャレンジしてみようかなと思っています。グロくならない程度に。