ブログ

造形作品:子マレーバク「Ned」

子マレーバク「Ned」

2010年10月12日。「Baby tapirs」のページに「Ned」を追加いたしました。

「Ned」は、「ウェイクアップ!ネッド」という大好きな映画がありまして、そこから命名。

登場人物の多くが高齢者で、アイルランドの52人しか村人がいない自然に溢れた田舎町が舞台…と書くと、とてつもなく穏やかで心温まる映画を想像してしまいますが、内容は結構ブラック。

ネッドはタイトル・ロールにも関わらず主人公ではありません。
それどころか映画の冒頭で早々にショック死してしまいます。
そんなネッドの死をきっかけに村中が大騒ぎに。
しわっしわに痩せたおじいちゃんが全裸でバイクにまたがり疾走するなど、割とパンキッシュなシーンが満載です。

とは言え、ブラックな笑いに溢れつつも、なんだかんだ言って老人達や村人達のキャラクターや行動にほのぼのとし、最後には爽やかな気持ちになれる快作です。

興味が湧いた方はぜひご鑑賞ください。

子マレーバク「Ned」の腹

と、突然名作映画の紹介をしてしまいましたが、マレーバク。
そう、マレーバク。
今回の3匹は試作品ですでに第2弾を作り始めていると書きましたが、完成はまだまだ当分先のことになりそうです。

それというのも、来年頭までの創作スケジュールを紙に書いてみたら、あら私、なんかちょっと色々と巻きで動いていかないとちょっと大変?みたいなことに気づいてしまったからです。

なんとなくやること色々あるよなーと、頭の中でぼやっとイメージはしていたんですが、紙に書いてみたらやっぱり大変だった。
うん、頑張ろう。

にしても、物事やスケジュールを紙に書いて把握すると、一気に整理されて視界が開けますね。

自らの手を動かし、紙に文字を書くことの大切さ。
やっぱり紙だよ紙。

電子じゃだめだよ(なんか話の方向性が違う…)。