ブログ

造形制作記録:新作の途中経過その1

粘土作品途中経過その1

私の机の上は、常に色々な粘土作品が作りかけ状態で混在しています。
年末年始にかけては、カオスという言葉をさらに具現化した状態になることが予想されます。
コスモを感じます。

上写真はちょっと前に撮影したもの。
なかなか進まないのですが、年内には完成させたいと思ってます。
もうちょっと待っててね~、Iさん!!

なんの生き物なのかは、まだ秘密。

ところで、全国各地で熊による被害が多発していますね。
熊に浅からぬ縁を感じる私としては、被害に遭われた方にも熊にも心を痛めている次第でありまして、根本的な解決策としてドングリばらまき作戦なんてのはどうだろうと思ったんですけど、どうなんでしょう?

熊が人里に下りてこないように、ナラの木の周りとかにドングリを大量にバラまいておくというシンプルな作戦です。

実際に、ドングリを集めて山奥に運ぶという活動を行っている県もあるようですよ。

でも、一見牧歌的なこの作戦も、食べ損ねたられたドングリが発芽しちゃったり、熊ではなく小動物が食べちゃって繁殖しちゃったりと、生態系に色々と影響を及ぼすこともあるようです。やっぱりそう簡単にはいかないか。

ともかく、熊問題についてもっと抜本的な対策を講ずる必要があるのではないかと思うわけです。COP10開催国なんだし。

粘土作品:マレーグマ

ちなみにマレーグマは爬虫類とか昆虫とかハチミツを食べているようです。