ブログ

石粉粘土作品:武家の妻風

武家の妻風に見える石粉粘土Japanese Rabbits

上の写真の正座の子、
ポーズがなんとなく「武家の妻」風。

上品で万事控え目なんだけど、
芯はキリッと。
いざという時はどっしりと。
そんな雰囲気を漂わしています。

そのキリッとした子の横に立っているのが、
よりによって無暗に目がびっくりしている子のため、
ボンクラでうだつの上がらない夫と
それを陰でがっちりバックアップする賢い妻の図
に見えなくもないです。

 
今回の制作で学んだことのひとつが、
まつげを縦方向に長く描くとびっくり眼になってしまい、
微妙に怖めかつ面白い顔になってしまうということです。

もう一人の正座の子も同様。

石粉粘土作品:びっくり眼

びっくり。
なんとなく焦点が合っていないのに、
口元は満面の笑みってところも怖い。
 
ぼんやり描いてたら、縦方向に長くなってた…。 
今後、まつげは斜めに流し気味で行こうと思います。