ブログ

石粉粘土制作日記:Chocolatesその1

石粉粘土作品:「Chocolates」骨組み

2月ももう終わりですね。

今日なんて春一番が吹いちゃったりとかして、
聞こえてきますね確実に、
春の足音が。

つい2週間ほど前までは、
GALLERY KINGYOさんのバレンタイン展に参加したり、
雪が降るかもしれないけど私は電車に乗って通勤とかないから
不謹慎だが純粋に嬉しいよ雪好きだからとかなんとか言ってたわけですが、
なんだか遠い昔の出来事のようにも感じられてしまいます。

ということで、「Chocolates」の制作記録をアップしてみたいと思います。

上はアルミワイヤーの骨組みに、ちょっと石粉粘土を盛ったところ。
一応、ワイヤーを折り曲げて手足のようなものも作っているのですが、
今回手も足も体に密着した作りになっているので、
実はわざわざワイヤーを通すこともなかった。

石粉粘土作品:「Chocolates」妖怪風

さらに粘土を盛ったところ。
のっぺらぼう、だけどなんとなく目鼻の当たりがある感じがまた怖い。
腕の半分がまだワイヤーむき出しなところと、
お姉さん座りなところがさらに妖怪チックな雰囲気を盛り上げています。

石粉粘土作品:「Chocolates」森の精風?

やや形を整え始めたところ。
なんか「もののけ姫」に、
森の中に住むこういう感じの白くて小さい人たちが出てきたような気が。

一時期、上のような感じの27名の人たちと寝起きを共にしていたわけですが、
なぜだかあまり記憶に残っていません。

…その2に続きます。