ブログ

むし展展示作品「人魚虫」

石粉粘土作品「人魚姫」

ドリーミータイプの「人魚虫」です。ニヒル牛2にて展示しています。

人魚と言っても、
海の泡となって消える儚いイメージの人魚姫ではなく、
ディズニープリンセス調のポップでキュートな感じでもなく、
美しい歌声で船乗りたちを惑わし船を沈没させるセイレーンとか、
同じく美しい声で漁師をライン川に引きずり込むローレライとか、
そんな邪悪で禍々しい感じの人魚を描いてみました。

上の写真の四人も、沈みゆく船を眺めています。

石粉粘土作品「人魚姫」ウミガメもいるよ

反対側には、ウミガメもいます。
ウミガメ、なんかカメっていうより甲羅のある海坊主みたくなっちゃった…。
でもいいんです。禍々しい感じが出ていれば、いいんです。

こちらの作品の背景は夜の磯。
ある意味、「磯虫」の夜バージョンでもあります。
昼間は、日に焼けた少年がいてカモメが飛び交う、昭和な雰囲気の漂う磯が、
夜になるとこんな禍々しい様子になってしまうんですね。
恐ろしい…。

ちなみに、なぜ人魚たちは全員後ろ向きなのかと申しますと、
「顔とおっぱいを描くのが面倒くさかったから」
という理由にほかなりません。

 
さて、ニヒル牛の展示は本日8/26(金)で終了です。
ご来店くださった皆様、本当にありがとうございました!
ニヒル牛2の展示は、8/30(火)までですので、
残り少ない期間ですが、ぜひお越しいただければ幸いです。

明日はお昼過ぎから、展示の撤収&ニヒル牛2への作品のお引っ越しを行います。
明日、ニヒル牛へいらっしゃる方は、慌ただしくむし展のディスプレイを片付けている
むし展参加作家さんたちに出会えることかと思います。
もちろん、私もその中の一人です。
ゆっくりニヒル牛を楽しみたいというお客さまにはご迷惑をおかけしてしまい
本当に申し訳ない限りですが、なるべく鑑賞の邪魔にならないように
撤収作業を行いたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

そして、ニヒル牛で展示していた作品は、ニヒル牛2にて引き続き展示いたします。
つまり、8/28(日)~30(火)の3日間は、
すべての展示作品がニヒル牛2で見れてしまうというスペシャル期間!

この機会をぜひお見逃しなく!