ブログ

Gallery更新:カバ三兄弟

<a href="http://www.magnolol.jp/gallery/2011-10.html">「Gallery」に「カバ三兄弟」をアップいたしました。</a>

「Gallery」に「カバ三兄弟」をアップいたしました。

気がつけば一ヶ月もブログの更新をしていませんでした。
時の経つのは早いなあ。
あと三ヶ月もすればもう来年ですよ。
いやだなあ、もう。

さて、今回「Gallery」にアップしたカバ三兄弟は、
7月に開催されたギャラリーユニグラバス銀座館さんの
「掌展」にて展示させていただいた作品です。

実は私、毎月一体ないし一組は新しい作品を作り、
サイトで発表するというノルマを自分に課しているのですが、
今月は諸事情によりノルマを達成することができず、
すでにやや懐かしい感もあるカバ三兄弟をアップさせていただきました。

左から、Ivan(イヴァン)、Egor(エゴール)、Yuly(ユーリー)。
以前こちらの記事にも書きましたが、
しっかり者でキリッとした長男・ユーリー、
ちょっと間の抜けた次男・イヴァン、
自由奔放な三男・エゴール、
という三人兄弟です。

あまり気づいてもらえないのですが、
三兄弟の目。
まつげふっさふさで
瞳の中に星と月が輝いているんです。
結構乙女な感じだったんです。

石粉粘土作品「弟をいじめるな」

タイトル「弟をいじめるな」

そういえば、子供の頃動物図鑑を読んでいたら、
「コビトカバは滅多に人に姿を見せることはなく、
川の中にひそんではカヌーをひっくり返し、乗っている現地の人を溺れさせます」
みたいな記述があって、
カバ三兄弟を作る際に何の気なしに確認したら(図鑑まだ持ってる…)、
そんなことどこにも書いてなかったんですよね…。
小さいくせに人間を溺れさせるという荒技に衝撃を受け、
ずっと覚えていたんですが、
一体何に書いてあったのだろう。
というわけで、コビトカバは人を溺れさせるのかさせないのかいまだ釈然としません。
どなたかご存じの方いらっしゃいましたら、ご連絡いただければ幸いです。

 
さて、ブログも更新せず、ノルマも果たせなかったのは、
生業が忙しかったわけでもなく、
さりとてだらけていたわけでもなく、
今後の制作のために、色々と試してみたり、
使ったことのない粘土にチャレンジしていたからなのです。

近日、その過程をブログで報告できればいいなと思っています。