ブログ

プードルの思い出

チョコプー <ノーマル>ホワイト

今回、ギャラリーKingyoさんの「2012214 バレンタインに寄せて」に、
チョコレートとプードルの融合体「チョコプー」という作品を
展示させていただいておりますが、
実は私、チョコレートがあまり好きではありません。
甘い物全般がさほど好きではないのです。

そして、犬。
好きなんですが、犬アレルギーなのです。
今回、チョコプーを作るにあたり、
プードルの写真をたくさん見ているうちに口の周りが微妙にかゆくなってきて、
画像だけでも反応するのかと自分でもちょっとビックリしました。

ということで、実は今回の作品、
苦手なものと苦手なものを組み合わせて出来あがっています。

ところで、友人にも「なんでプードルなの?」と聞かれたのですが、
近所で散歩しているプードルを見て、
「あいつらチョコレートみたいで旨そう」と思ったからだけなんです。
チョコレート好きじゃないくせに。
友人には「予想以上に単純な理由なんだね」と言われてしまいましたが、
私の作品の着想なんてそんなもんです。

 
さて、そんな犬アレルギー持ちの私ですが、
実は子どもの頃はプードルを飼っていたのですよ。
しかも二匹も。

一匹目は私が生まれる前からいた白いプードル。
この犬は本当に心優しく、そして賢かった。
私はこの犬に育ててもらったと言っても過言ではありません。
本当に赤子の私の子守りをしてくれたんですよ。

時たまいるんですよね、
穏やかで、無駄にほえたりすることもなく、
決して人を傷つけるようなことも、
手をわずらわせることもなく、
時に本当に君は犬なのか?と驚くほど利発なことをする犬が。

この犬は私が生まれた頃には、すでに初老にさしかかっており、
私が7歳の時に亡くなりました。

亡くなった時も誰にも迷惑をかけることなく、ひっそりと死んでいました。

2、3年前亡くなった近所のビーグル犬のミックスも
賢くて優しい、良い犬だったなあ。
彼も亡くなる当日までご飯をしっかり食べ、
自力で散歩に行き、一声だけ小さく鳴いて亡くなったそうです。

二匹とも、人間だったら相当立派な人物だと思います。
犬って、可愛いだけじゃなく、
正しい生き方も示してくれるものなんですね。

チョコプー <威嚇>

そんな立派な一匹目の犬とは対照的に、
二匹目の犬は猛烈にわがままで大食漢でとても個性的な犬でした。

あるご縁でプードルのブリーダーをされている方からプレゼントされたのですが、
要はタダでもらった犬。
生き物に<規格>という言葉を使うのは本当は好きではないのですが、
つまるところ規格外で販売できない犬だったわけです。

まず色。
子犬の頃は真っ黒で、「大きくなるとグレーになるよ」と言われていたのですが、
実際に大人になったら、
頭のてっぺんと耳の毛としっぽの先だけがグレーで後は白という、
人工的に染め分けたような不思議な色になってしまいました。
他にそんなプードル見たことがなかったので
それはそれで面白かったのですが、
多分普通に購入した人がいたとしたら、詐欺としか思えなかったことでしょう。

そして、見た目。
普通のプードルより全体的に確実に小柄で、顔も小さかったんですが、
目だけが異常に大きくて、顔だけ見るとちょっとチワワに近いものがありました。
プードルなのに。
それはそれで可愛いと言えば可愛かったのですが、
やっぱりそんなプードル、他に見たことがなかったので、
今にして思えばやっぱり彼(オスです)は規格外だったんだなとしみじみ思います。

そして、食欲。
普通のプードルよりも小柄なのに、異常なまでに食欲があり、
食べる量も尋常ではありませんでした。
とにかく食う。
目の前にある物はなんでも食う。
食べられそうなものならなんでも食う。
すきあらば食う。
らっきょうも食う。
せんべいも食う。
腹の皮がパンパンになって、動けなくなるまで食う。
頭の中の100%が「食」で占められているという感じでした。

そのため、顔や手足はそのままなのに、体だけがどんどん丸くなっていき、
本当に毬のようでした。

彼は私が5歳の頃に我が家にやって来て、
私が17歳の時に亡くなりました。

ともかく恐ろしい程食い意地が張ってて、性格的にも我の強い犬でしたので、
時にはぞんざいに接してしまうこともありました。
一匹目の犬にはひたすら感謝の気持ちしかありませんが、
二匹目の犬にはもっと可愛がってあげればよかったなあという後悔があります。
また、今思うと、犬があんなにも太ってしまうのは完全に飼い主の責任なので、
悪いことをしてしまったなあとすごく反省しています。

今回の<威嚇>は、二匹目の犬の怒った顔がちょっぴり投影されているかもしれません。

 
そんなプードルについての思い出を持つ私が作った、「チョコプー」。
ギャラリーKingyoさんでお待ちしております。
展示はいよいよ明日、明後日までです。

皆様のお越しをお待ちしております!

チョコプー <威嚇> チョコ&ビター

待ってるよ~。