ブログ

ワークショップとコアリタサン

コアリタサン原稿

Twitter等でちょこまかお知らせしているので、すでにご存じの方も多いことかと思いますが、
11月30日(金)~12月2日(日)にデザインフェスタギャラリー原宿EAST304(和室)にてマンガ家・南部宏子先生のマンガイベント「マンガ喫茶 ナンブックス」が開催されます。

12月1日(土)には、誰でも気軽に6コマ漫画が描けちゃうマンガの描き方ワークショップが行われます。

当日は、私有田が南部先生の助手として参加者の皆さんをサポートさせていただく予定。
マンガを描いたことがない方でも、南部先生の的確かつ温かいご指導により、6コマ漫画が描けちゃいますよ!
スクリーントーンとかも貼れて、本物のマンガ家気分が味わえます。
ぜひぜひ、ご参加ください!

上の6コマ漫画は、そのワークショップの予行練習で描いたマンガ「コアリタサン」です。
生まれて初めて最後まで完成させることができたマンガです!
渋谷の某カフェで2時間程度で描いたわりに、自分で言うのもなんですが良くまとまっていると思う。
これも南部先生のご指導の賜物ですよ。
すごく楽しみながら描けたし、なによりも「マンガを描く」ということ自体がすごく新鮮な体験で刺激になりますよ~。

本当にマンガワークショップ、おすすめです。
私のずっこけ助手っぷりも見られますしw
12月1日(土)は、ぜひぜひデザフェスギャラリーに遊びに来てください!南部先生のマンガも読めますよ~。

 
さて、人生初マンガ「コアリタサン」で漫画を描く喜びに目覚めてしまった私。
もしかしたら、「コアリタサン」の続編も今後生まれてくるかもしれません。

なんてったって最後のコマの左下に、

つづく

って、描いてあるではありませんか!

さらに、南部先生の講評に、

南部宏子先生の講評

「コアリタサンがどんな女性に成長するかがとても楽しみです。」

と、書いてありますしね!

黒くて大きい人の正体も明かされるかもしれません。
ご期待ください(いつになるか分からないけど)。

 
さて、最後に個人的なことを少しだけ。

本日、11月22日は「いい夫婦の日」。今日入籍される方も多いのだとか。朝から微妙に話題になっているようです。

世間的には「いい夫婦の日」なんですが、11月22日は私の亡父の17回目の命日。
亡くなった時も従姉が「叔父さん、いい夫婦の日に亡くなったんだね~」としんみり言ってて、「そんなにいい夫婦じゃなかったけどねーwww」と心の中で思ったものでした(決して口には出さない状況を把握出来る子)。

まあ、命日は毎年やってくるものなのですが、今朝はふと気がついたんです。
父の臨終や葬儀に駆けつけてくれた親戚、お世話になった近隣の方の多くが、すでに鬼籍に入られていることに。

「あー、あの時、病院に来てくれた近所のおばあちゃんも亡くなっちゃったな」
「あの伯父もあの叔父も、あの叔母も、もういないんだな」

なんて考えてたら、17年という歳月の重さをずしりと感じました。

もう会うことができない皆さんと父に。
R.I.P.