ブログ

2013年もよろしくお願いいたします

イヤー・オブ・ザ・スネーク「絶体

1月ももう9日ですね。9日なんですね!
三が日はとうに過ぎ、七草も過ぎ、新春気分もすっかり過ぎ去った感がありますが、でも大丈夫。松の内は15日までというところもあるらしいので、まだおめでとうとか言っても良いようです(なんか毎年松の内だからギリギリセーフとか言ってる気がしますが)。

ということで、皆様あけましておめでとうございます。
トップページを今年の干支に更新いたしました。
「Gallery」にも「イヤー・オブ・ザ・スネーク」を追加いたしましたので、ぜひご覧ください。

 
さて、2013年第1作目の「イヤー・オブ・ザ・スネーク」。
年賀状、Twitter、Facebook等ですでに公開しておりますが、ご好評いただけているようで嬉しい限りです。

元ネタはもちろん、あの「レッドスネーク、カモン!」の東京コミックショウですw
気づかれなかったらどうしようと思っていたら、予想以上に多くの方から反応があって良かったよかった。

蛇使いの子の衣装も、本格的なインドの蛇使いの人の格好ではなく、ショパン猪狩さんの衣装を参考にさせていただきました。ショパンさんの衣装、インドというよりアラビア風なんですよねwあと、笛もインドの蛇使いの人のはひょうたんみたいな形をしていますが、ショパンさんに習ってリコーダーにしました。

リコーダーのせいか、蛇使いというより「笛吹き童子」って感じですね。
上の写真は、笛吹き童子「絶体絶命」の図ですw

 

なお、レッドスネーク、イエロースネーク、グリーンスネークの底(?)には、それぞれの名前を描いてみました。

イエロースネークの底

こんな感じに。
描かなくても見れば分かるんですが、なんとなく。

今回、コブラたちの(ウロコを彫るのが面倒だったので)ウロコ感を出すために、初めてラメの絵の具を使ってみました。
いかがでしょうか?ラメラメ感、写真からも伝わるでしょうか。

ちなみに、レッドスネークがラメゴールド、イエロースネークがラメクリア、グリーンスネークがラメシルバーと、実は異なる種類を使っています。
思っていた以上に面白い画材だったので、今後も色々と活用していきたいなと思っています。

イヤー・オブ・ザ・スネーク「調教中」

昨年末、個展についての記事を書かせていただいたところ、多くの方から反響や励ましの声をいただきました。皆さん、本当にありがとうございます!

2013年は、年末の個展まで精一杯走り続けたいと思っています。
皆様、どうか本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。