ブログ

西荻窪・ニヒル牛2「人形展」に参加します

人形展用台

2/14(金)から始まる2つの展示に参加させていただきます。

ひとつめは、前回の記事にもチラッと書きましたが、
西荻窪・ニヒル牛2さんにて2/14(金)~26(水)に開催される「人形展」。

ふたつめは、表参道・ギャラリーニイクさんにて
2/14(金)~22(土)に開催される企画展「MAKE LIFE 〜219パン祭り〜」です。

表参道・ギャラリーニイク「MAKE LIFE」についてのお知らせ記事はこちら。

 

「人形展」には、昨年の個展の作品とやや懐かしい作品と、
かなり懐かしい作品を展示させていただきます。

すべて旧作ですが、台はすべて新作です。
上の写真も人形展用に作成した台のひとつになります。

今回、ニヒル牛オーナーのあるさんに声をかけていただき、
「ぜひ、参加させていただきます!」とお返事したところ、
「台とかあると嬉しいです」というご返信をいただき、
台、台かあ~、台なのか~と思いながら、
「…台、考えてみます!」とお返事したところ、
「台、よろしくね!」というご返信をいただいたので、
これは台、作らねばなりませんね!と思い、急遽作成いたしました。

諸事情によりかなりの急ごしらえになってしまい、
ハリボテ感満載の台が数個出来あがりました。
特に上の写真のやつが一番ハリボテで、よーく見るとものすごく致命的なミスまで
犯しているのですが、
「まあ、これはこれでいいか、味で押し切れば…」と思っていたら、
以前から憧れている、そして大御所の作家様も人形展に参加されるご予定とお聞きし、
「いかーん、作り直しだー!」と一瞬青ざめましたが、
多分作り直すことなくハリボテな感じのまま出させていただくと思います…。
ニヒル牛2でなんとも不格好な台を見て笑っていただければ幸いです。

ちなみに、上の写真の台は、懐かしの某海外ドラマシリーズに出てくる例の部屋がモデルです。
小さいおじさんが踊るあの部屋です。

作成後、あの模様が視界の片隅に入るたんびに軽く不愉快な気持ちになるので、
早々にダンボール箱にしまいました。

あのドラマのあの部屋のシーン、子どもの頃みて異様に不安感を掻き立てられたのは、
おじさんの踊りだけでなく、床の模様の影響もあったんだーと妙に感心してしまった。

そんな不安な模様(作りも不安)の台はさておき、
西荻窪・ニヒル牛2さんの「人形展」、2/14(金)~26(水)です。
よろしくお願いします!